毎日の生活を支えている自律神経

ひとは皆、自分の呼吸を意識していません。内臓がどう動いて代謝や消化を行い、血管には血が流れて心臓が脈打っているのかを意識しながら生活を送っているひとはいないでしょう。

それは自立神経がひとの生命活動や維持に必要な行動を調節しているからです。

交感神経と副交感神経の二つがバランスを取り、私たちはつつがなく日々を送ることができているのです。

ですが今の現代には様々なストレスが存在します。

対人関係であったり、ハードワークであったり、極端に少ない睡眠時間などです。

それらの原因に晒される日々が長く続き、また放置していると自律神経の働きが乱れる自律神経失調症を発症してしまうことがあります。

治療法は医師に薬物を処方してもらったり、生活指導を受けたり、心身のストレスを解きほぐしたりといったことを行います。

ですが最も効く方法はひとに因って違います。

なぜなら自律神経失調症になる原因は患者それぞれの生活に根ざしており、その原因に沿った治療をしなければ意味がないからです。

ただ大体の自律神経失調症の場合、生活指導を受けるケースは多いです。

毎日の睡眠の質を見直す、食生活を改善する、規則的な生活を送るようにする、などの治療は基本的ですがとても効果的といえます。

プラスアルファで、ホットヨガを取り入れて、心も身体も整えるように心がけるといいですよね。

参考サイト/ラバヨガなび|ヨガのLAVAの店舗毎口コミサイト

This entry was posted in blog. Bookmark the permalink.

Comments are closed.